転職をするべきタイミング

 転職にはそれをすべき時期とそうでない時期とがあります。多くの人は現状に不満があるとき環境を変えたくて転職を志しますが、これは転職すべき時期とはまったく正反対の行動です。実は仕事がうまくいっている時こそ転職を考えるべき時期なのです。仕事が順調で気力も充実している時は、そのことが本人の態度や雰囲気にも現れます。いわゆる「できる人オーラ」というやつです。こうした人は転職活動をしてもすぐにいくつもの内定を獲得することができます。仕事がうまく行っている時には転職など考え付かないことが多いですが、そんなときこそ更にステップアップをできるチャンスです。どんなときでもチャンスをうかがうことが将来のキャリアアップには不可欠なのです。

 逆に現在の職場に不満があるというときの転職はうまくいかないことが多いです。そういった現状の悩みはやはりその人の表情や仕草にあらわれてしまいます。本人に自覚はなくても一目瞭然であることが多く、さらに面接官はプロですからどんなに取り繕った態度でも、その底にある精神状態を簡単に見抜いてしまいます。こうして内定がなかなか取れないとさらに気分は落ち込むという悪循環に陥ってしまうのです。

【おすすめ情報】
50歳からの転職と仕事の見つけ方
50歳からの転職を支援する!

国際 – 毎日新聞

 転職をするにしても現状の職場に不満があるときは、まずそれを解決してから転職に臨むべきです。職場の雰囲気を変えられるよう努力してみたり、上司や同僚としっかり話し合ってみるのも良いでしょう。そしてそこで解決をすることができればそれは貴重な経験になります。そういった経験やスキルがあってこそ、より良い職場への採用も可能になるのです。

Comments are closed.