転職活動のスタートで大切なのは「なぜ転職したいのか」を明確にすること

職種に不満か、職場に不満かで違う転職

 転職は人生において重大な決断ですが、しかし若いうちはいくつかの職業を経験するのは、今も昔も同じことのようです。転職を決断したら、周到な準備をしていざ転職活動…といきたいところですが、その際に最も大事なのは「なぜ転職したいのか」を自分の中で明確にしておくことでしょう。

職種に不満な場合は、自分のやりたい職種から転職先を探してゆく

 今の職場の雰囲気や福利厚生・給料に不満はないが、違う職種でチャレンジしてみたい、しかし今の会社では違う職種にはまず就けない、というなら、転職を希望する業種や企業規模はもちろんですが、自分が希望する職種があるか、また充実してやりがいがありそうかが、転職先を選ぶ最優先ポイントとなってきます。

職場に不満な場合は、同じ職種から福利厚生や給料などに優れた転職先を探してゆく

 また、今の職種にはやりがいを感じ業務も順調で不満はないが、職場の雰囲気が悪い、福利厚生や給料が見合わないなどの理由の場合は、同じ職種のなかで、職場の雰囲気に定評がある、企業規模がしっかりしており、福利厚生や給料が法定通りかそれ以上しっかりしているかが、転職先を選ぶ上での最優先ポイントとなってきます。

 「なぜ転職したいのか」の理由によって、転職先を選ぶポイントは大きく違ってくることになります。この最初が転職活動を始める上では、間違った転職をしないための非常に大切なポイントとなってきますので、しっかり押さえておきたいところです。

Comments are closed.