転職活動をする際にやっておくべきこと

 最近では新卒で入社した新入社員のうち3年以内にやめてしまう方がとても多いようです。このような話を聞くと多くの方はそれがダメな事のように考えてしまうことがあります。しかし、3年以内にやめて転職をすることは悪いことではないと思います。自分の考えでもっと違う会社で働きたいと考えるのであれば、新入社員だろうがベテランの社員だろうが転職をしても良いと思うのです。

 私自身も新卒で入社した会社を1年で辞めて転職をした経験があります。その時の私は営業の仕事をしていました。しかし、実際に営業の仕事をしてみてこの仕事は自分には合わないと感じました。そこで以前から興味のあったエンジニアの仕事に転職をしたのです。

 このように、自分で今の仕事と向き合って考えた結果他の仕事をしたい、他の会社に移りたいと思うのであればすぐにでも転職活動をした方が良いでしょう。そのままズルズルとその会社で仕事をしていくよりも思い切って環境を変えた方が自分の為になると思うのです。

 転職活動をする際は、まず自分がどのような職種、会社に転職をしたいのかを明確にしておくべきです。目的地をはっきりとしておいた方がそこまでの道筋も具体的なものにしやすいからです。

【関連ページ】
高卒の就職活動
高卒の就職で成功を掴もう!

農林水産省/統計情報

 また、ある程度自分の分析をしておくことも大切です。自己分析をしてどのような能力が自分にはあるのか、それをどのように転職活動の場でアピールすることが出来るのかをしっかりと考えましょう。もちろん面接なども練習も積極的にするべきです。友人に協力してもらって模擬面接をしてみても良いでしょう。このようにして自分の納得のできる転職をしましょう。

Comments are closed.